先輩を知るInterview

イメージ

多彩なキャリアで
若手を育てる

野口 秀行Hideyuki Noguchi空間演出デザイン専攻卒 1993年中途入社

スペースプロダクト部 次長

イメージ
SCROLL
イメージ

ディスプレイ、ライティング、インテリアを経験。
多彩なキャリアを積めるPSSの魅力

美術大学を卒業後は、インテリアデザインのデザイン事務所に入って技術を習得したいと思っていました。でも、その願いは叶わず、PSSの前身であるパルコプロモーションに就職。入社して20年以上経ちますが、これまでディスプレイデザイン、ライティングデザイン、インテリアデザインの3つのデザイン部門を経験してきました。
商業空間のデザインという専門性が問われる領域で、これほど多様な職種を経験できる会社はそう多くはありません。加えて、当社が他社と比べて優位だと言えるのは、人との関わりの広さと深さです。お客様への提案から現場の職人さんとのやり取りまで、自分の考えを人に伝えることについては、当社の若手社員は圧倒的に経験値が高いですし、PSSならではのキャリア形成といえます。

イメージ

仕事に前向きになれなかった新人時代。
満足に仕事ができないくやしさがバネになり
前向きな意識へ変わっていく

振り返れば多彩なキャリアかもしれませんが、実は入社当初は希望のデザイン事務所に入れなかったことから仕事に前向きな気持ちになれず、いつか転職しようと考えていました。その意識が変わったのが、1994年に開業した厚木パルコのオープニングデコレーションの仕事でした。
現場で細かいミスを連発し、チームを組んでいた先輩にすべてをフォローしてもらうという情けない状況で、オープンにはなんとか間に合ったのですが、何一つ満足に仕事ができない自分が不甲斐なく思えました。これがきっかけで、転職するにしても、今与えられている仕事を一生懸命やらなければ意味がないと心を入れ替えました。その後も職種、立場が変わるたびに新しい気付きがあり、商業デザインにおける知見と、キャリアを積み上げることができました。 これまでの社歴でさまざまなディレクションに携わってきて思うのは、お客様のニーズの変化です。かつては「こういうデザインをしてほしい」といった声が多かったものが、いまでは「PSSさんだったらどういうデザインのお店をつくりますか?どんな施設を考えますか?」といった課題を与えられるケースが増えています。そこにベストな解答を出すのが私たちの使命であり、お客様に提供できる価値だと思っています。

イメージ

これまで培ってきた経験と人脈を
活用し、若手が活躍できる職場づくりに役立てる

現在は、スペースプロダクト部の次長を務めています。以前、課長を務めていたデザイン1課では、商業施設や公共施設の環境デザインを担当する際、若手社員の育成のため、ベテラン社員と若手が共同作業するチーム制を採用していました。私はこれまで培ってきた経験からパルコ社内や協力会社に広いネットワークを持っていますし、社内のメンバーは、先進的な商業空間を創造してきたパルコらしい哲学を受け継いでいます。これらをミックスさせ、若手が活躍できる組織づくりと後進の育成に応用していきたいと思っています。

先輩の歩んだ道のり

1年目~デザイン企画課

パルコをはじめとした商業施設の営業企画に関するシーズンディスプレイや販売促進企画に携わる。店舗での宣伝展開の方法、デコレーション(陳列装飾)について学び、VMDに造詣を深める。ここでは課長職にも就いたことでマネジメントも経験。

16年目〜環境企画課

商業施設・店舗の照明設計に従事。2年目からはグループリーダーに任命される。当時、環境問題への対応から、パルコ各店の照明LED化プロジェクトにも参画した。デザイナーや人を動かすディレクションという業務においては、ディスプレイもライティングも共通する部分があることを実感。

19年目〜開発課

内装工事や電気工事のプロとともに新設の開発営業部門へ。新規顧客の開拓や、既存顧客との新しい取り組みに向けた提案を行なう。照明器具の販売営業も経験したことで、さまざまな営業手法を学び、新商材開発のノウハウも身につけることができた。

21年目〜デザイン1課

商業施設の環境デザインや保育園や教育機関、公共施設などの空間設計・デザインディレクションを行う部門に課長として着任。インテリアデザインの経験は浅かったが、これまでのマネジメントを経験を活かし、10数名の課員をサポートしながら、後進の育成にも力を注ぐ。

26年目~現在スペースプロダクト部

店舗や施設の内装工事を請け負うスペースプロダクト部へ異動。部をマネジメントする立場となり、これまでより広く長期的な視野で部の戦略を立て、部下が働きやすい環境づくりを行なう。キャリアの幅を広めつつ、マネジメントとしてのキャリアを深める。

イメージ

後輩へのメッセージ

デジタル化の波が押し寄せ、社会環境は変化し、商業空間のデザイン性やその役割までもが大きく変わってきています。それも非常に早い動きです。その中でも、スキルや知識の習得に丁寧に取り組むことは、今後のキャリアアップにおいて、必要なことだと考えています。PSSは自由な雰囲気と、やる気次第で仕事を任せてくれる社風が魅力です。自分の信念をしっかり持ちながら、環境変化に適応できる能力をPSSで存分に発揮してほしいです。