先輩を知るInterview

イメージ

「安心」を支える
信頼をつくる心掛け

佐々木 彩華Ayaka Sasaki国際総合科学科卒 2014年新卒入社

運営2課(新所沢パルコ)

イメージ

(※インタビューは池袋パルコ所属当時のものです)

SCROLL
イメージ

華やかな商業施設の舞台裏で
安心を支え、当たり前をつくるプロがいる

入社以来、池袋パルコに勤務しています。配属されたとき、お客様の立場では見ることができない世界に驚き、メンテナンスの奥深さを感じました。また、上司や先輩方が新人の私をとても温かく迎え入れてくれ、専門的なことも分かりやすく教えてもらえる環境があったことも、仕事が楽しいと思える要因の一つです。
当時配属された安全管理課の仕事は、防災・防犯・衛生などの側面から施設全体を管理し、それぞれの分野の専門スタッフと協力しながら人と建物の安全を支える業務でした。責任を伴う仕事ですが、ショップのスタッフさんたちと打ち解けて話せるようになると、この仕事を楽しく思うようになりました。

イメージ

相手への小さな親切や気遣いを積み重ねて
大きな信頼をつくっていく。
コミュニケーションは重要なファクター

現在は、パルコ総務課として仕事をしています。総務の仕事にはショップ管理や倉庫・ロッカー貸出、ES向上対策などがあります。倉庫管理は、ショップの店内だけでは多数の商品を保管できないため、池袋パルコ内の倉庫を貸出するのですが、その申込みや解約などの手続きを行うことが私の役割です。特にやりがいを感じることは、お客様の満足度を示すCSとパルコで働く従業員の満足度を示すESの向上について新しいアイディアを考え、実現していくこと。これまで、休憩室のリニューアルやPOPの作成など、さまざまな業務に携わってきました。

人とのコミュニケーションは満足度向上に直結する重要な要素なので、日頃からショップスタッフに対する要望や指導には特に配慮しています。店舗の運営には、さまざまな法規制や規格、ルールなどに従う必要があり、時にはショップの店長やスタッフに厳しい要求を出すこともあります。快く従ってもらうには、「佐々木さんが言うことだからやろう!」というマインドを持ってもらうことが大切。そのためにも、日頃からプライベートの話をして仲良くなったり、「困ったことはないですか?」と積極的に声をかけ、小さな相談事にも親身に答えるよう心掛けています。

イメージ

若手だからといって遠慮はしない。
自分の意志を示して提案すれば
仕事を任せてもらえる環境がある

PSSには、若手だからといって遠慮する空気はありませんし、私自身、自分の意見を我慢してきた経験はありません。仕事の中には、いままでの慣習にとらわれて、特に改善なく続けていると感じるものがあります。そんな時は、やり方を変えてみたらどうか、こうしたら効率良くなるのではないかと、自分から問題点や改善案を提示するようにしています。その積み重ねが、自分の成長につながっていると感じています。

先輩のとある1日

09:45出社後、改装現場を巡回

出社後、メールやグループウェアをチェックします。遅番の場合は、お昼過ぎから出社。パルコのオープン後は館内を巡回。お客様やショップの様子、館内の安全などをチェックする。ショップスタッフとのコミュニケーションは、何気ない会話や小さな相談事を大事にしています。打ち解けてくるとお子さんの写真を見せてくれたりすることも。

10:30デスクに戻り、書類の作成・チェック

デスクに戻り、資料作成。この日は、ショップに貸し出す臨時倉庫の申込書の作成と、書類のチェック。工事関係の書類に関しては、何度も書類をつきかえされた苦い経験があるので、工事内容を周りに確認しながらきちんと理解した上で印鑑を押す。お昼はデスクから離れ、同僚とランチでリフレッシュ!

14:00会議に参加

パルコ総務課と各メンテナンス担当(警備、設備、環境設備、インフォメーション)との会議。パルコの運営には様々なスタッフが関わっているので、1週間のスケジュールの確認や工事の進捗など、報告・連絡事項を共有する。対応が必要な案件については、対応策とスケジュールを検討します。

16:00新人スタッフ研修

新しく池袋パルコで働くショップスタッフ向けの研修を行なう。入館の方法や駐車サービスの概要、館内ルールなどをレクチャー。ショップスタッフは入れ替わりが多いので、コミュニケーションを図る上でも大切な仕事。

18:00退社

退社前に書類、メール、グループウェアを確認。シフト勤務のため、明日の出勤スタッフへの情報を共有してから退社します。この日は本社勤務の先輩や同期と一緒に話題のレストランへ。みんなで集まるのは久しぶりだったので、ついついおしゃべりに花が咲き、帰りは終電ギリギリに。

イメージ

後輩へのメッセージ

社会人になったら休日は貴重です。私は人と会ったり、話すことが好きなので、平日が休みの友だちと一緒に都内のおいしいお店によく行きます。会社の仲間とテーマパークへ行ったり、バーベキューをすることもあります。
就職活動では、なるべく多くの企業を見ることを心がけてきました。その中で取捨選択していくことで『自分が何をしたいのか』『何が向いているのか』が分かってきます。多くの会社との出会いの中から、自分の本当にやりたいことをつかんでほしいと思います。