先輩を知るInterview

イメージ

理系出身 若手女性社員の活躍

商業空間に詰まっているのは
人との絆と仕事のやりがい

イメージ
SCROLL

クロストークメンバー

  • イメージ
    内装監理1課石橋 優貴

    創造理工学研究科卒 2016年 新卒入社

  • イメージ
    デザイン1課小池 萌佳

    建築・デザイン学科卒 2016年 新卒入社

  • イメージ
    デザイン1課中村 安理沙

    デザイン工学科卒 2016年 新卒入社

イメージ

自由な環境の中で、想いをつなぐ空間づくり

建築系の学科を卒業した女性社員3名。PSSに入社を決めた理由を聞きました。
イメージ
イメージ 石橋

大学では、空間の中での人間の行動を研究したり、シミュレーションができるシステムをつくったりしていました。就職活動ではゼネコンや組織系設計事務所もまわったんですが、PSSは空間に関していろいろなマネジメントや設計をやっている会社だと知って、入社したい気持ちが湧きました。

イメージ 小池

学生時代、空き家をリノベーションして民泊化する研究をしたことがあるんですが、内装を変えるだけで、人が集まる空間に生まれ変わることが分かって感動しました。私の大学では、就職活動で、住宅リノベーション系の企業と、店舗内装系に分かれるのが一般的でしたが、私は後者を選択。店舗の内装だけではなく、設計から運営など、さまざまな職種が連携して空間をつくっているところが魅力でPSSに入社を決めました。

イメージ 中村

私は就職ナビでこの会社をおすすめされてエントリーしました(笑)。大学では建築の勉強をしていましたが、内装のことは何も知らず、会社説明会でPSSの事業内容を聞いてもあまり理解できなかったのですが、それ以来、空間・什器や壁材などのソフト面や商業施設に興味が湧きました。でも、一番の入社理由は面接で“素の自分”が出せたこと。出会う社員の皆さんの笑顔も素敵でした。

イメージ
イメージ 石橋

私も同じで、最終的には社長や役員の皆さんとの面接の雰囲気で決めました。終始笑顔でやり取りができ、私の話やアイデアを「おもしろいね!やってみようよ」と言っていただけたり、他の会社にはない反応がよかったです。

イメージ 中村

面接では女子学生が多かったけど、社内は男性が多いよね。

イメージ 小池

配属される部署で印象は変わるかも!私の部署は女性社員が多いけど、同じ会社かと思うほど、部署や事業所ごとに雰囲気が違ったりするんです。私の場合は入社してから一番やりたかった店舗設計ができたのでギャップは感じませんでしたが、任される仕事の裁量が大きく、驚きました。

イメージ 石橋

従来の建築会社のイメージからすれば、女性が肩肘を張らないで働ける会社であることは確かだよね。私の部署にも女性の先輩がいて、相談や質問がしやすいので助かります。その先輩がいると現場の雰囲気もやわらかくなるし、仕事の交渉もスマートですごく頼りになる方なので、私も見習っています。

イメージ

同期入社が力を合わせ、店舗リニューアル工事に挑む

職場や役割が違う同期入社の3人が集まり、一つの店舗リニューアルを成し遂げました。
イメージ
イメージ
イメージ 小池

私たち3人は同期入社で、他の同期社員とともに研修期間中ずっと一緒に過ごしました。その後は配属先も職種も別々になりましたが、入社2年目にして偶然、一緒の案件に関わることになりました。

イメージ 石橋

浦和パルコ内の店舗のリニューアル工事だよね。

イメージ 中村

そう。私が担当していたクライアントでしたが、デザイン課の仕事の枠組みが変わって、浦和パルコ店の改装から小池さんが配属された部署に引き継いでもらうことになりました。ふたりとは同じ本社勤務なので顔を合わせていましたが、一緒に仕事をしたことはなかったので新鮮でした。

イメージ 小池

オーナーは和服店で、若い世代に受け入れられる斬新なお店に変えたいという要望がありました。中村さんから引き継いで店舗設計し、基本図や実施図を作成してそれを内装監理に持っていったら担当が石橋さんでびっくりしました(笑)。

イメージ 石橋

たまたま偶然ですが、私は上司から指示を受けてこの案件の担当になったんです。「できるよね?」「はい、やります!」って感じで軽く引き受けたら小池さんがやって来て、なんか楽しそうな予感がしました(笑)。

イメージ 小池

同期同士で仕事するのも、図面のディレクションも初めての経験。工事が始まると、施工と設計の間で、自分で判断していいのかと迷うようなことが結構ありましたが、石橋さんだと、上司や先輩以上に気軽に聞けたので助かりました。

イメージ 石橋

私は、設計者から図面を受け取って、パルコ内のルールや法規制に沿ってチェックするのが役割なので特別なことはしていませんよ。むしろ、私のほうが、小池さんに分からないことを聞くことがたくさんありました。

イメージ
イメージ 中村

同期だと何でも言いやすいよね(笑)。ひとつの空間を、力を合わせてつくり上げるのがPSSの仕事の魅力なので、工事が終わったときは達成感がありました。自分が設計として取り組んだ店舗が完成すれば、うれしいようなほっとするような感動があるよね。

イメージ 小池

実は最初、中村さんからこの案件を引き継いだときに、中村さんっていままでどんな仕事をしてきたのかな、どの程度の力なのかなと思っていたんですよ(笑)。

イメージ 中村

そうだったの!

イメージ 小池

完成度が高くて、私のほうが焦りました(笑)。私も中村さんと同じで、お客様と何度も話し合い、一枚の平面図から次第に形になっていくのを見ていると、いつもながら感動してしまいます。

イメージ
イメージ

若手女性社員からの「就職活動メッセージ」

女性社員にPSSでの働き方と今後の目標、就職活動のポイントなどを聞きました。
イメージ
イメージ
イメージ 中村

私は、仕事もプライベートも充実させたいので、どちらかというとキャリアウーマンではなく、ワーキングマザー志向です。PSSは勤務も個人の裁量に任されている部分が多く、業務と自分の予定を考えて「今日はがんばる日」「早く帰る日」などメリハリをつけて仕事をしやすいなと感じています。今後のことを考えると、働く女性を支援してくれる福利厚生制度とともに、働きやすい環境も重要だと思います。

イメージ 小池

設計部門はまだ子育てをしている女性社員がいないので、私が先例になって、女性の設計職でも働きやすい環境づくりに力を注ぎたいです。でもその前に、一人で店舗設計ができるよう仕事の進め方を身につけたいですね。将来的には施工管理や照明設計などを経験して、空間づくりのプロになるのが夢です。

イメージ
イメージ 石橋

私も、まずは内装監理で一人前になることが目標です。内装監理の仕事はやり方も人それぞれなので、自分なりのやり方を見つけることに力を注いでいます。

イメージ 小池

入社して感じることは、PSSは多岐にわたる事業を展開していますが、それぞれが型にはまったやり方ではなく、その時々に合った方法で柔軟に仕事をしているということ。何かに新しいことに挑戦するのが好きな人は、すごく楽しく仕事ができると思います。逆に、自ら動こうとしないと何も成長できないという面もあります。何ごとも自分次第です!

イメージ 石橋

私もそう思います。新しいことにチャレンジしたい気持ちがあれば、それを受け入れ、任せてくれるのがPSSの社風ですから、ぜひ、その期待に応えていただきたいです。

イメージ