佐々木 彩華 頼りにされる喜び。信頼関係が仕事を築く。

一生に一度の就活なので、ピンときたらすぐに行動!

就活ではブライダルや旅行、不動産など業種は絞らず、色々な企業を受けていました。一生に一度のことなので、ピンときたキーワードですぐに関連する会社を検索して、即エントリーをするような感じでアグレッシブに活動していましたね。そんな中で「“空間”をつくるのって楽しそう」と思うことがあって早速調べたら、パルコスペースシステムズ(以下:PSS)が出てきたんです。

いくつか内定をいただいた中からPSSを選んだ理由は、「この会社なら多くの経験ができる!」と感じたからです。
最終面接の社長との話の中で「一人一人の考え方に耳を傾け、尊重してくれている方だな」というのがとても印象深くて。「面接でこれだけちゃんと学生と対話をしてくれているのだから、入社後も新入社員に多くの経験の機会を与えてくれるのではないか」と思い入社を決めました。

ショップスタッフとのコミュニケーションが欠かせない

2ヶ月間の研修を経て配属されたのが、池袋パルコの安全管理課でした。当初は希望していた部署とは違ったので、少しがっかりしたのですが、落ち込んだのもその日だけでした。配属されて数日も経てばもう仕事が楽しくて楽しくて、「人事の人って良くわかってるな~」と思いましたね(笑)。私はとにかく、色んな人と話をするのが大好きなんです。それと池袋パルコの事業所の人が、みなさん優しくて温かい人ばかりだったのも、この仕事が好きになった大きな要因だと思います。

商業施設を運営するためには、ショップスタッフに「これはできません」と厳しいお願いをする必要も出てきます。そのためにも日頃から、積極的にショップスタッフとのコミュニケーションを取るように心掛けています。ショップには年上のスタッフが多いんですが、普段会話をする時にはできるだけフレンドリーに話をしています。打ち解けてくるとお子さんの写真を見せてくれたりするので、ちゃんと名前を覚えていて次にお会いした時にはそのお子さんの話をしたりとか。そうした人間同士のお付き合いをしているからこそ、厳しいことを言うときもちゃんと耳を傾けてくれるようになるんです。
業務的なやり取りだけでは、なかなか良い関係は築けません。と言いつつ、私もしっかりと楽しんでいるんですけどね(笑)

頼りにされる喜び。そのために、もっと勉強をして、もっと経験を積みたい!

ショップスタッフへの研修や講習会で「わかりやすかった」「他の商業施設より良かった」とアンケートに書かれている時や、何かあると私を指名して相談してくれた時は、自分が頼りにされていることを感じてすごく嬉しくなりますね。これが今の仕事のやりがいだなと。
その一方で、何かが起こった場合に、その場で判断をしなくてはいけないこともあります。

入社一年目に色んな資格を取らせてもらったので、法律や規則なんかは今でもよく覚えているのですが、現場では日々分からないことだらけです。でも周りには警備や設備、環境整備など「その道のプロ」がたくさんいるので、聞けばたっぷりと教えてもらえる。
だからこそ、同じことが起こった時に一人で対処できるよう「教えてもらったことを、もう一度質問しない」ことに気を付けています。これはとても初歩的なことのようで、実は意外と大変なんです。教えてもらったことを自分なりに咀嚼しようとすると、それに関連した不明点が次々とあらわれ、覚えなくてはいけないことですぐに頭がパンパンになってしまって。

色んな人達に信頼してもらえるように、まだまだ今の仕事を極めたいですね。

就職活動中の学生の皆さんへのメッセージ

とにかく多くの業界を見て多くの人と話をしてください!その中で取捨選択していくことで『自分が何をしたいのか』『何が向いているのか』が分かってきます。
私は多くの業界、会社を見てきたからこそ、最終的な自分の選択に後悔はありませんでした。
会社はこれから長い人生の大半を過ごす場所です。最初は選択肢の幅を広げ、最後にじっくり悩んで後悔しないようにしてください!

プロフィール 佐々木 彩華

interview list