理系女子社員クロストーク 「パルコスペースシステムズってどんな会社?」

空間創造を担うスペースプロダクト本部には、学生時代に勉強をしていたのが文系か理系かを問わず、個性豊かな社員が活躍しています。その中から今回は建築系の学科を卒業した若手の女性社員3名に、就職活動時のエピソードから今後の仕事の目標について聞きました。



パルコスペースシステムズを選んだ理由は何ですか?

山田: 就活中のはじめの頃は建築設計の会社を志望していたんですが、「本当にやりたいことは何なんだろう?」と、就活を一週間ぐらい休んで自分を見つめ直しましたんですよね。よく考えたら私は服も商業施設も好きだし、何より変化のある仕事が好きなので、ビル自体をつくるより内装に近い仕事が自分にあっている気がして。

森田: 私は商業施設が好きだったので、初めから商業施設関係の会社を中心に就活していました。周りはゼネコンやアトリエに就職する人が多くて、商業施設はほとんどいなかったですね。

山中: 私も内装業界を目指していたんですが、就活ではハウスメーカーも受けていました。私の周りの学生はほとんどの人がハウスメーカーを受けていたんですが、ハウスメーカーに入社した友人の話を聞くと「私には合ってなかったのかな」と今は思いますね。ハウスメーカーは「決まったことをちゃんとやる」という感じだけど、内装業界は自発的な提案などをより受け入れてもらえる、というか求められている気がします。

採用試験を受けた時の印象は?

山田: パルコスペースシステムズは説明会で話している人が若い人が多くて、ずいぶん柔らかい会社だなと思いました。色んな部署の人が出て来て、自分の仕事内容を中心に説明していたんですが、内装以外にパルコのインフォメーション業務とかパーティーの演出とかいろんな仕事がありすぎて、何をやってる会社かわからなかった(笑) 一方で、わからないということは何でもできるのかな、とも思いましたね。

山中: 私も柔らかい印象を受けました。他に堅い会社も受けていたので。確かに説明会では(内装以外の)知らない情報がいっぱい入ってきて「え?」という感じでした。でもポジティブな印象でしたけどね(笑)

森田: あと面接官の役員の方々がみんな優しそうな印象でした。面接なのか雑談なのかわからないような感じでどんどん進んでいって(笑)

入社してみて、実際の雰囲気はどうですか?

森田: 職場の雰囲気というか人がとても良いですね。教えるのが好きな人が多いし。面接の時と入社してからの印象はあまり変わりません。たとえ好きな仕事でも周りの人と合わなかったら続けられないですからね。

山田: 実は昨夜、会社主催でいくつかの部署での合同忘年会だったんです。その席でも役員クラスの人と話す機会があったんですが、「女性の働き方」みたいな話題も出たりして、上の人も色々と考えてくれているんだな・・・とすごく感じました。

山中: 働いていても、保守的に「これは決まりだから、こういう仕事のやり方をして」という感じじゃなくて、「どんどん意見を言って」っていう感じ。

森田: うちの会社はやっている事が多くて私たちも「色々やっている会社」と言いがちだけど、「色々できる会社」とも言える。何かを始めるにしても、「やるな」と否定する人はいない。「やってみれば」と言ってくれる人はいっぱいいる。そんな会社ですね。

学生時代に勉強していたことは仕事に活かせていますか?

山田: これは皆さんおっしゃるんですけど、学生時代に勉強していた建築の知識は100分の1くらいしか役に立っていなくて、現場ではわからないことだらけですね。

森田: 基礎は少しは役に立っているんだけど、あとは仕事をしながら覚えるしかない。

山中: 同じ部署に文系の人も結構いて、文系も理系も特に役割分担があるわけではなく、同じ仕事をやっています。仕事は営業的な要素も含んでいるので、文系と理系のそれぞれの良さがあるのが良いと思います。

今後の仕事の目標は?

山田: 先日、一級建築士の資格に合格したので、将来的には資格を活かして社内の他部署や協力会社さんと連携をしながら、会社が受注できる業務の幅を拡げられるようになりたいですね。 でもその前に、もっともっと「できること」を増やしたい。例えば物件を一つ任せてもらうためには、専門知識だけじゃなく社会の事情もわかる人間にならないといけないし、そのためには営業部隊と外の世界に触れないといけないな、とか。今はそんな風に「考える力を付けたい」と考えています。

森田: 今以上に自分自身の業務スキルを上げたいですね。スキルが上がると効率的に業務が進められますし、そのことで余裕ができたらもっともっと新しいことを発想したり、チャレンジできたりすると思うんです。実は仕事をする上で「余裕」ってすごく大事なことで、新しいことへのチャレンジだけでなく、様々なことへの配慮やちょっとした気付きなど、仕事を安全で確実に遂行するためにも重要なんです。そんな余裕をもっとつくっていきたいですね。

山中: 入社1年目から同じクライアントの仕事をやらせてもらっているのですが、今後は、自分から「この仕事をやりたい」と言えるようになりたいですね。「やりたい」と言うと、当たり前ですが色んな責任が出て来るので、それがまだ自信がなくて言えないんです。でもこれからは、リスクはあるかもしれないけど、とりあえずやってみる、チャレンジすることが大事かなと思っています。 center

プロフィール プロフィール プロフィール

interview list