小嶋 秀和 目には見えない「電気」をカタチにしていく仕事です。

偶然の出会いに縁を感じて

学生時代は建築を学んでいたのですが、当時から商業施設に行くことが好きで、将来は商業施設に関わる仕事を通じて人々の生活にプラスアルファの喜びを提供したいと考えていました。就職活動中に大学で当社の説明会が偶然ありまして、当時はとても忙しかったんですが「1社だけ話を聞いてみよう」と思って参加してみたんです。そこで当社が様々な角度から商業施設に関わることができる会社だと知り、その偶然の出会いに縁を感じて入社を決めました。採用面接では「のびのびと活躍できそうな会社だな」という印象を受けたのですが、そのイメージは入社してからも変わらないですね。

電気施工の業務とは

いま携わっている電気施工の業務は、設計提案から工事管理といった店舗や商業施設の電気設備や照明デザインを、図面から実際のカタチにしていく仕事です。
クライアントのニーズを理解しながら、それが実際の現場で実現可能なのかを判断し、設計者とクライアントと綿密な打合せを行います。そこからパートナー企業の皆さんが仕事をしやすくするための段取りをすることも、私たちの非常に大切な仕事なんです。段取りが良ければ、皆さんもミスなく仕事ができますからね。
これは他の部署の方も言いますが、学生時代に勉強したことはほとんど役に立たなくて、仕事をしながら一から覚えています。「電気」という名がついた部署ではありますが、文系学部出身の方でも問題なく仕事はできますよ。

自分ファンのクライアントを増やしていきたい

電気工事のほとんどは、壁の中・天井の上・床の下への配線や配管といった目に見えない部分でのいわゆる「裏方」的な仕事です。そして工事が終わった後も、漏電などの問題が発生する可能性が無いとは言えない、緊張感のある分野です。でも照明や空調、コンセントなど“電気”の通っていない空間はありません。また、お客様が快適に過ごせることはもとより、照明によってブランドイメージをより伝えやすくしたり、商品を魅力的に見せたりすることが出来るのも電気のチカラです。業務を通して、電気の重要性を以前にも増して強く実感できるようになりました。
現在はまだ上司や先輩がメインとなっているクライアントが多いのですが、今後は少しずつでも良いので、自分のことを信頼して声を掛けてくださる「自分ファンのクライアント」を増やしていきたいですね。

就職活動中の学生の皆さんへのメッセージ

まずは自分が将来仕事を通して何をしたいのかを明確にすることが大切だと思います。それが、でっかい夢でも些細な希望でも何でも良いと思います。そして、その夢や希望を実現するためには、どんな仕事があるのかを探し、その仕事の中で自分の想いを一番実現できるという会社を見つけることが、就職活動のステップだと思います。
説明会などに行って色々な人と話しながら、その会社を知ることは面白いことですし、自分の考えの枠を広げてくれる絶好の機会だと思います。そういう面で就職活動を楽しみながらできればいいなと思います。

プロフィール

interview list